• HOME
  •  › セミナー
  •  › 資金繰りを改善するための管理会計セミナー

資金繰りを改善するための管理会計セミナー


2018年12月に開催し、
「短時間で実務に活かせる知識が身についた」と好評で
受講者アンケートでも評定平均4.89点(5点満点)を獲得した
管理会計について解説したセミナーの資金繰り編を新たに開催いたします!


多くの中小企業は、
資金繰りにあえいでいます。
今年10月に消費税率がアップになると、
ますます資金繰りが厳しくなる中小企業が増えることでしょう。

税理士・会計事務所に求められる重要な役割は、
顧問先に対して数字面から経営改善の提案をすることですが、
その中でも資金繰りは最も重要な提案内容といえます。

B/SとP/Lをいくら精緻に作り、ながめていても資金繰りは改善されません。
資金繰表を作っても、近い将来の資金繰りはわかりますが、
具体的に何をどうすればいいのかはわかりません。

また、中小企業の経営者は、銀行借入を増やしたくて決算書を見ているわけでもありません。
資金繰りを改善するためには、管理会計から考える必要があります。

そもそも制度会計は、適正な期間損益計算を目的としており、
経営を良くするための目的にはかなっていません。

減価償却は、資産の使用期間にわたって費用配分されるものですが、
購入時にキャッシュアウトが生じます。

借入金の返済は、利息分だけがP/L計上されますが、
元金部分はキャッシュアウトします。
売上が増えても、資金繰りが改善されない本当の理由は何でしょうか?

その原因は「運転資本の増加」なのです。

売り上げが増え、利益が増えて運転資本を増加してしまうと
資金繰りが苦しくなり、借入依存の経営に陥ってしまいます。
売り上げが増えても運転資本を増加させないことこそ運転資本管理の要諦なのです。

本セミナーでは、セミナーや書籍等で、中小企業の経営者のみならず、
多数の税理士など会計人に指導してきた公認会計士の天明(てんみょう)茂先生に、
会計事務所が顧問先に提案すべき資金繰り改善のポイントを、
管理会計という側面から詳しく解説いただきます。

顧問先のために資金繰りの改善提案をしたい、という
会計人の方は、ぜひご受講ください!

なお、本セミナー内では理論を学ぶだけではなく、受講者には実際に電卓をたたいていただき、
キャッシュフロー計算書などの計算をしていただくことになります。
ですから、ご自身の電卓をお持ちください。

トピックス

  • BSを「調達」「運用」から判断する。
  • 比較BSから資金の動きを掴む
  • 資金繰り悪化の3要因
  • GCF、OCF、FCFの掴み方
  • 増加運転資本の掴み方
  • 回転日数から所要運転資本を計算する
  • 売上が増えて資金不足を招かない法則
  • 運転資本と回転差資金
  • 見積BSの作り方

講師プロフィール

天明 茂 (てんみょう しげる)

一般社団法人人間力大学校理事長、公認会計士、宮城大学名誉教授
あおもり立志挑戦塾塾長、宮城県多賀城市行財政経営アドバイザー

大学卒業後、経営コンサルティングの世界に入り、「上が変われば下が変わる、自分が変われば相手が変わる、家庭が変われば職場が変わる」という信念と、「目に見えない幽なる世界が、目に見える顕なる世界を司る」というコンセプトで生き方と経営の支援に携わってきた。大きな声で歯切れが良く、難しい事柄を分かりやすく、面白く話し、決して眠らせない。もちろん“大学教授らしさ”はみじんも感じさせない。なお、主要著書には下記のものがある

セミナー開催情報

セミナー名 ~会計事務所が顧問先に提案すべき~
「資金繰りを改善するための管理会計」
日時 2019年3月20日(水) 17:00~20:00(開場16:30)
会場 株式会社KACHIELセミナールーム01
〒108-0074 東京都港区高輪3-25-23 京急第2ビル 6階
地図
参加費 一般:5,000円(税別)
会員:無料
最低開催人数 10名
最低開催人数に満たなかった場合は開催を中止とし、
お支払い済みの受講料はご返金させていただきますので予めご了承くださいませ。

ご参加頂きました方の個人情報につきましては株式会社KACHIELの商品やサービスの情報提供を目的として利用させて頂きます。

お申し込み

■■■重要■■■
会員価格でお申込みの方へ

会員とは「KACHIEL税務アカデミー(旧:月刊税務調査対策)」(月額15,000円・毎月DVDとCDをお届けするサービス)の会員及び「KACHIEL税務アカデミー(旧:月刊税務調査対策) プレミアム」(月額30,000円・月刊税務調査対策に加え毎月無料でセミナーDVDをお届けするサービス)の会員を示します。会員ではないお客様が申し込まれた場合、改めてお申し込み頂く場合がございますので、ご了承ください。
「KACHIEL税務アカデミー」のお申込みはこちらから。
「KACHIEL税務アカデミープレミアム」のお申込みはこちらから。