• HOME
  •  › セミナー
  •  › 収益認識会計基準の概要とその対応セミナー

収益認識会計基準の概要とその対応セミナー

税理士法人ファシオ・コンサルティングの鯨岡 健太郎 税理士が
収益認識の新基準について解説するセミナーを開催いたします!

平成30年3月30日に企業会計基準委員会が
「収益認識に関する会計基準」を公表し、
法人税法の基礎ともいえる第22条に続けて新たな条文が創設されました。

日本では売上高を会計上の取引として
「いつ」「いくらで」「どうやって」計上するのかという事については
特に明確な規定がありませんでした
が、売上計上の複雑化や取引のグローバル化等に伴い
決算数値を海外と同じ土俵で比較できるよう
国際的に整合性のとれた基準に引き上げる事が期待されています。

この会計基準は平成33年4月1日より適用されますが、
場合によっては売上高として計上すべき金額が従来と比べ激減する可能性があり、
当然、企業は新たなルールに沿って計上基準を再検討していく必要があります。

実務面での混乱も想定されるので、
顧問先の収益面についてもしっかりと認識しておかなければなりません。

来年の4月より【早期適用】が認められますので、
今のうちにこれらを把握しておいて、十分な準備期間を設けてください。

本セミナーでは
収益認識会計基準への対応について掘り下げ、
法人税や消費税の取り扱い、企業への対応など
実務的な具体例も交えて解説いたします。

ぜひ、ご受講ください!

トピックス

  • 収益認識会計基準のポイント(5ステップとは?)
  • 法人税法第22条の2が追加された意義とは
  • 消費税の実務が大変になる可能性大 … 法人税と消費税の取扱いの違い
  • ケーススタディー
  • ・保守契約付き商品販売:「保守」と「販売」をわける
    ・返品、リベート(売上割戻し)の取扱い:返品調整引当金の廃止
    ・自社発行ポイント制度を導入している場合:「契約負債」とは??
    ・代理人(消化仕入れ契約):売上計上額が激減する可能性あり

  • 実務への影響:特に消費税システムは要注意

講師プロフィール

鯨岡 健太郎 (くじらおか けんたろう)

鯨岡 健太郎 (くじらおか けんたろう)

税理士法人ファシオ・コンサルティング パートナー 公認会計士・税理士

専修大学商学部商業学科卒業後、1998年監査法人トーマツ入所。主に国内企業の監査業務に従事。
2003年税理士法人トーマツに転籍し、主に国内上場企業、外資系企業、外国法人の法人税務業務(国際税務を含む)、M&Aに伴う税務デューデリジェンス、ストラクチャー立案支援業務に従事。
2008年鯨岡会計税務事務所を設立し独立、2009年税理士法人ファシオ・コンサルティングを設立しパートナー税理士に就任。

セミナー開催情報

セミナー名 ~タイムリミットはあと3年!強制適用までの下準備~
「収益認識会計基準の概要とその対応」セミナー
日時 2018年12月11日(火) 18:00~20:00(開場17:30)
会場 株式会社KACHIELセミナールーム01
〒108-0074 東京都港区高輪3-25-23 京急第2ビル 6階
地図
参加費 一般:5,000円(税別)
会員:無料
最低開催人数 10名
最低開催人数に満たなかった場合は開催を中止とし、
お支払い済みの受講料はご返金させていただきますので予めご了承くださいませ。

ご参加頂きました方の個人情報につきましては株式会社KACHIEL(InspireConsulting)の商品やサービスの情報提供を目的として利用させて頂きます。

お申し込み

■■■重要■■■
会員価格でお申込みの方へ

会員とは「KACHIEL税務アカデミー(旧:月刊税務調査対策)」(月額15,000円・毎月DVDとCDをお届けするサービス)の会員及び「KACHIEL税務アカデミー(旧:月刊税務調査対策) プレミアム」(月額30,000円・月刊税務調査対策に加え毎月無料でセミナーDVDをお届けするサービス)の会員を示します。会員ではないお客様が申し込まれた場合、改めてお申し込み頂く場合がございますので、ご了承ください。
「KACHIEL税務アカデミー」のお申込みはこちらから。
「KACHIEL税務アカデミープレミアム」のお申込みはこちらから。