• HOME
  •  › セミナー
  •  › 税務上の有利不利判定(社長個人と法人編)セミナー

税務上の有利不利判定(社長個人と法人編)セミナー

税務でよくあるのが、どちらを選択した方が得か?という素朴な疑問。

例えば、社長が住む自宅を、社長個人で購入した方が得なのか?
もしくはあえて法人で購入し、社宅とした方が得なのか??

税理士・会計事務所が顧問先に相談される、まさしくアルアル話なのですが、
実はこの問題は考慮すべき事情・要素が多く、簡単に答えは出せません。

〇法人で買う場合
・建物の消費税分が控除可能
・固定資産税や減価償却費などが損金計上
・社宅扱いにして実質的に安い家賃で居住可能

〇個人で買う場合
・住宅ローン控除の適用可
・(将来的に売却する場合)3,000万円の特別控除
・(死亡・相続の際)小規模宅地の特例が適用可能

また、法人が絡む場合、相続時には株価への影響も加味する必要があります。

ただし、これらにもいろいろ条件・制約は当然あって、
住宅ローン控除を受けるためには所得制限がありますし、
税務以外で考えても、例えば住宅ローンにおいて団信に加入していれば、
死亡時に住宅ローン部分の借入がなくなる、というメリットもあります。

これらも、あくまで借入をする場合ですが、
借入しない場合であれば、どちらが得になるのか・・・??
考え始めるとキリがありません。

本セミナーでは、税務上【社長個人と法人】のどちらにした方が得なのか、
という論点に絞って有利不利判定を解説いたします。

〇役員報酬の増額するか or 法人所得を出すか
〇配当して所得税を払うか or 配当しないか

これらも率直にいえば、税引後の手残りに関して
どちらが得なのか?という問題ですが、
法人税・所得税だけではなく、株価や相続税の論点も絡んできます。

本セミナーの講師は、伊藤俊一税理士です。
バリュエーションが多くなりますが、有利不利判定という難しい問題について
パターン別にわかりやすく解説していただきます。
シンプルな疑問にして、奥が深い内容となっています。
この論点を取り上げている書籍も、他のセミナーもありません。

ぜひ、ご受講ください!

トピックス

  • 社長の自宅購入は個人 or 法人?
  • 役員報酬の増額するか or 法人所得を出すか
  • 配当して所得税を払うか or 配当しないか
  • 資本剰余金の配当か or 金庫株にするか
  • 社長からの貸付金は精算するか or しないか
  • 退職金を現金で支給するか or 現物支給するか

講師プロフィール

伊藤 俊一(いとう しゅんいち)

伊藤俊一税理士事務所代表

1978年(昭和53年)愛知県生まれ。
税理士試験5科目合格。一橋大学大学院修士。
勤務時代、都内コンサルティング会社にて某メガバン
ク案件に係る事業再生、事業承継、資本政策、相続税等のあらゆる税分野を経験。
特に、事業承継・少数株主からの株式集約(中小企業の資本政策)
・相続対策・地主様の土地有効活用コンサルティングは勤務時代から
通算すると数百件のスキーム立案実行を経験しており、豊富な経験と実績を有する。
現在、厚生労働省ファイナンシャル・プランニング技能検定 試験委員
一橋大学大学院国際企業戦略研究科博士課程在学中。

セミナー開催情報

セミナー名 ~どっちが得なの?シリーズ第1弾~
「税務上の有利不利判定(社長個人と法人編)」
日時 2019年2月4日(月) 18:00~20:00(開場17:30)
会場 株式会社KACHIELセミナールーム01
〒108-0074 東京都港区高輪3-25-23 京急第2ビル 6階
地図
参加費 一般:5,000円(税別)
会員:無料
懇親会 セミナー中に、質疑応答の時間を設けておりませんので
講師への質問は、ぜひ懇親会にご参加下さい。
希望者のみ セミナー終了後より2時間程度
懇親会参加費別途5,000円(税別)
※事前精算とさせていただきます。
※先着10名となっております。
※喫煙席となっております。
最低開催人数 10名
最低開催人数に満たなかった場合は開催を中止とし、
お支払い済みの受講料はご返金させていただきますので予めご了承くださいませ。

ご参加頂きました方の個人情報につきましては株式会社KACHIELの商品やサービスの情報提供を目的として利用させて頂きます。

お申し込み

■■■重要■■■
会員価格でお申込みの方へ

会員とは「KACHIEL税務アカデミー(旧:月刊税務調査対策)」(月額15,000円・毎月DVDとCDをお届けするサービス)の会員及び「KACHIEL税務アカデミー(旧:月刊税務調査対策) プレミアム」(月額30,000円・月刊税務調査対策に加え毎月無料でセミナーDVDをお届けするサービス)の会員を示します。会員ではないお客様が申し込まれた場合、改めてお申し込み頂く場合がございますので、ご了承ください。
「KACHIEL税務アカデミー」のお申込みはこちらから。
「KACHIEL税務アカデミープレミアム」のお申込みはこちらから。