~教えてみき先生!の脇田弥輝税理士がわかりやすく解説!

《職員向け》
法人税申告書ゼミナール「第2回 法人税申告書の内容と役割編」

☑会計事務所に入所したてでまずは概要をつかみたい
☑よくわからないまま法人税申告書の作成をしている
☑法人税申告書の書籍を読んでみたが結局挫折してしまった

  • ※本セミナーはKACHIEL税務アカデミープレミアム及び職員向け動画配信サービス「OSHIEL」をご契約の方は申込不要で無料受講できます


「法人税申告書」とは言い換えれば、法人税の確定申告書のことです。
この法人税申告書は一枚の特定の用紙ではなく、「別表」と呼ばれる200種類にものぼる明細書から構成されています。

現在の法人税法は、さまざまな経済政策などの影響もあり、制度が非常に複雑になっているため、別表の種類も大変多くなっています。

法人税の確定申告書の中で最も大事な別表は「別表4」です。
税金の計算に直結するため、作成自体はシンプルですがとても重要といえるでしょう。

本セミナーの講師は、専業主婦から税理士を目指し、子育てをしながら税理士資格を取得、現在、開業税理士でありながら、大学院の非常勤講師や各種会計系の雑誌やサイトで執筆やセミナーなど多面的活動をしている脇田弥輝税理士。

大好評につき、今回は全4回にわたって税理士事務職員さんを対象とした「法人税申告書セミナー」を開催!

シリーズ第2弾は【法人税申告書の内容と役割】について解説いただきます。
「別表4」「別表1(1)」「別表5(1)」といった、法人税申告書で必ず必要となる、それぞれの申告書の役割とつながりをしっかりと理解いただくことができます。

ご覧いただければ、初めて申告書の作成をする方でも自信を持って作成することができます!

ぜひ、ご受講ください!

【第2回】法人税申告書の内容と役割、別表四と別表五(一)のつながり


  • ・別表四で「課税所得」を計算する
  • ・別表一(一)で「法人税額」を計算する
  • ・別表五(一)で「税務の純資産」を計算する
  • ・株主資本等変動計算書と別表五(一)のつながり
  • ・別表五(二)は税金納付の明細
  • ・別表四と別表五(一)のつながり
  • ・前期確定分の法人税等の納付 
  • ・中間納付の処理
  • ・当期確定分の未払計上
  • ・中間納付額が還付される場合
  • ・演習
  • 講師紹介

    脇田 弥輝

    (わきた みき)

    脇田弥輝税理士事務所代表 税理士
    株式会社MKパートナーズ代表取締役

    出産後、会計・税務知識ゼロから税理士を目指す。個人税理士事務所、税理士法人勤務を経て、2016年脇田弥輝税理士事務所開業。同年4月より東亜大学大学院法学専攻非常勤講師。
    「『外部の税理士の先生』ではなく、『内部の敏腕経理』と思って頂き、お客様とともに事業を成長させる」を理念とし顧問先と付き合う。
    東京税理士会 杉並支部所属。

    講演情報

    セミナー名

    ~教えてみき先生!の脇田弥輝税理士がわかりやすく解説!
    《職員向け》法人税申告書ゼミナール「第2回 法人税申告書の内容と役割編」
    日付 会場 時間
    2022年8月17日(水) ZOOMによるオンライン受講 10:00~12:00

    参加費

    非会員:5,500円(税込)
    KACHIEL税務アカデミープレミアム会員:無料
    OSHIEL会員:無料

    ※ご参加頂きました方の個人情報につきましては株式会社KACHIELの商品やサービスの情報提供を目的として利用させて頂きます。

    お申し込み

    一般受講で申し込む OSHIEL入会とともに申し込む
    ─ 重要 ─

    会員価格でお申し込みの方へ

    「会員」とはKACHIEL税務アカデミープレミアム及び職員向け動画配信サービスOSHIELの会員を示します。


    ※上記会員の方には、メールで受講登録URLをお届けいたしますので、お申し込みは不要です。