~知っておくことで「節税提案」のミスを防げる~

相続税節税スキーム提案とその落とし穴・否認リスク

  • 「どんな節税スキームにも絶対は存在しない!」


2025年には団塊の世代がすべて75歳以上になり、
日本は超高齢化社会に突入します。すでに死亡数は毎年130万人を超え、
高齢者が保有する不動産や金融資産を、どう次世代に継承していくのか
大きな課題になっています。

このような状況もあることから、相続に関して悩みを抱えている方も
増加しており、専門家である税理士・会計士の皆さんを頼り、
対策を講じているのが実態ではないでしょうか?

クライアントからの相談で共通していることは
「相続税対策(節税)をしたい」ということです。

皆様は、慎重にヒアリングを行い、
家族構成・資産状況を正しく把握した上で、
様々なパターンのご提案をされていることでしょう。

ここで重要な論点となるのは

「どんなスキームにも絶対は存在しない」

ということです。

潜んでいるリスクや判断ミス、検討漏れなどを原因として、
追徴課税が発生するケースもあります。

ただでさえ、国税庁が毎年発表している「相続税の調査等の状況」では、
税務調査が入った場合の否認割合が80%を超えていることから、
専門家の方々には慎重な対応が求められるでしょう。

クライアントにも多大な迷惑を掛けることにもなり、
実際に争訟に発展したケースも多いのです。

本セミナーでは、「相続税節税スキーム提案とその落とし穴・否認リスク」
について、複数のありがちな提案事例を用いながら徹底解説いたします。

講師は、資産税に特化している井上幹康税理士・不動産鑑定士。

世の中に出回っており、よく知られているスキームであっても、
個々の事案によってはそのまま使わない方がよい場合もあります。
思わぬ勘違い・認識漏れが起きやすい事例をもとにお話しいただくので、
明日から活かせる内容となっております。

・不動産購入や賃貸アパート建築による節税提案
・非上場株式の評価に関する提案
・信託を用いた節税提案
・相続開始後の節税提案


など、今まで提案したことがある、
もしくはこれから提案を検討されている方には
必ずお役に立てる内容となっております。

ぜひ、この機会にご受講ください!

講演内容

●生前の提案

不動産購入による節税提案

①相続開始前3年より前に不動産購入すれば問題ないと提案した
②購入した不動産を相続開始後一定期間売らずに保有すれば問題ないと提案した
③死期が近い資産家の不動産購入に関して総則6項否認リスクだけアナウンスした
④相続人保有の不動産を購入し代金決済せず準消費貸借契約締結する提案をした
⑤同族会社保有の不動産を購入し代金決済せず準消費貸借契約締結する提案をした
⑥合名会社(又は合資会社)を用いた債務控除スキームを提案した

●賃貸マンション・賃貸アパート建築による節税提案

⑦開発許可を要する賃貸マンション1棟の建築を提案した
⑧賃貸マンションに併設する駐車場の収益性を重視した提案をした
⑨複数の戸建住宅を建築し一括サブリースする方法を提案した

●同族会社への建物売却(建物法人化)による節税提案

⑩預かり敷金・建設協力金がある貸店舗の売却を提案した
⑪社歴のある黒字体質の同族会社に収益性の高い賃貸マンションの簿価売却を提案した
⑫債務超過の同族会社への建物法人化にあたり無償返還届出方式を提案した
⑬相続税対策で建てた複数棟の低層賃貸アパートの法人化にあたり簿価売却を提案した

●非上場株式の評価

⑭コロナ禍で売上が落ちたタイミングでの株式生前贈与を提案した
⑮株特外し目的で子会社の研究開発部門を親会社へ分割する提案をした

●信託を用いた節税提案編

⑯事業用定期借地権の底地を信託財産とする受益権複層化信託の提案をした

●相続開始後の提案

⑰複数の相続不動産(一部売却予定あり)につき、鑑定評価による時価申告を提案した

講師紹介

井上 幹康

(いのうえ みきやす)

井上幹康税理士不動産鑑定士事務所 税理士・不動産鑑定士

1985年(昭和60年)生まれ、群馬県沼田市出身。
早稲田大学理工学部応用化学科・同大学院卒、在学中に気象予報士試験合格。
平成22年 IT系上場企業入社、経理実務全般を経験。
平成24年 税理士法人トーマツ(現デロイトトーマツ税理士法人)高崎事務所に入社、
東証一部上場企業含む法人税務顧問、組織再編、IPO支援、
M&Aの税務DD業務、セミナー講師、資産税実務を経験。
平成30年7月 税理士として独立開業(浦和支部所属)。
令和3年4月 不動産鑑定業開業(埼玉県知事登録)
自社株評価、不動産評価に強い事務所を目指し活動中。

講演情報

セミナー名

~知っておくことで「節税提案」のミスを防げる~
相続税節税スキーム提案とその落とし穴・否認リスク
日付 会場 時間 住所
2022年12月9日(金) オンライン/
KACHIELセミナールーム
18:00~20:00(17:30開場)
※オンラインの方は開始10分前からご入室いただけます。

株式会社KACHIEL
東京都港区海岸1-4-22 SNビル 3階
JR浜松町駅北口・大門駅B1出口・竹芝駅2A出口
より各徒歩5分程度

浜松町駅からの行き方 大門駅からの行き方 竹芝駅からの行き方

参加費

非会員:8,800円(税込)
KACHIEL税務アカデミー会員:無料

懇親会

会場受講の方を対象に懇親会を開催いたします。

※ご参加頂きました方の個人情報につきましては株式会社KACHIELの商品やサービスの情報提供を目的として利用させて頂きます。

お申し込み

【一般】会場受講の
お申し込みはこちら
【一般】オンライン受講の
お申込みはこちら
【会員】会場受講の
お申し込みはこちら
【会員】オンライン受講の
お申込みはこちら
─ 重要 ─

会員の方へ

※会員とは「KACHIEL税務アカデミーライト・スタンダード・プレミアム」の会員を指します。
会員ではないお客様が申し込まれた場合、お申込みはキャンセルされます。