税務における鑑定評価の使いどころ

評定平均4.72点(5点満点)!
当日セミナーを受講いただいた方からも、

「税理士として鑑定をお願いすべきかどうか?自分で考える切っ掛けになりました」
「全体を通して私見がいくつも述べられており、非常に参考になりました」
「固定資産の交換や不動産(建物)法人化における鑑定評価の優位性は説得力があった」

など絶賛のお声をいただきました!

税理士・会計事務所においては、実務を行うにあたって、あえて不動産鑑定士による鑑定評価を取った方が有利なのではないか、と思慮する場面が数多くあります。

●相続税申告において財産評価通達による算出評価額より低くなる可能性がある
●遺産分割・遺留分の争い等で不動産の時価算出が必要
●同族関係者間において不動産を売買するケース
●土地・建物を一体として取得した場合の内訳・按分計算

一方で、鑑定評価の方が有利(評価額が下がる等)かどうかは、鑑定評価を依頼してみないとわからない、いわば「勘どころがわからない」という税理士・会計事務所も多いのではないでしょうか。

本DVDでは、鑑定評価をとった方がいいケースを具体的な事例を用いて解説しております。

講師は、税理士かつ不動産鑑定士である井上幹康氏。
実務上直面することが多い「相続税・贈与税」における時価算出はもちろん、法人税・所得税・消費税における【鑑定評価の使いどころ】も解説いただきます。

「鑑定評価を使う場合の有利・不利の判断」について、正しく理解したいという方には、おすすめの内容となっております。

ぜひ、ご購入ください!

DVD内容

  • 前半:相続税・贈与税における鑑定評価の使いどころ
  • 特殊な個別的要因によって評価減を検討するケース
    鑑定評価額による時価申告を検討するケース
    無道路地について不動産鑑定評価が認められた事例
    借地権付分譲マンションの底地の評価
    広い敷地内に存する低層団地型マンション住戸の評価

  • 後半:法人税・所得税・消費税における鑑定評価の使いどころ
  • 一括取得した土地建物の取得価額を按分するケース
    建物と建物附属設備の取得価額を按分するケース
    固定資産の交換において限定価格を考慮するケース
    簿価1円の建物を同族会社に売却するケース

ダイジェスト動画

7人

5つ星のうち4.72

  • 星5つ

    5人(71.4%)
  • 星4つ

    2人(28.5%)
  • 星3つ

    0人(0%)
  • 星2つ

    0人
  • 星1つ

    0人

セミナー受講者の声

鑑定評価手法の内容ではなく税務における鑑定評価の使い方という視点が秀逸

xxxxxxxx 様

税理士法人レディング/愛知県名古屋市
木下 勇人 様

鑑定評価手法の内容ではなく税務における鑑定評価の使い方という視点が秀逸でした。鑑定評価という一種のハードルの高い分野を税理士視点で見事に落とし込んでいるのは流石の一言です。事例が満載かつ実務でのイメージがしやすい。全体を通して私見がいくつも述べられており、非常に参考になりました。全ての事例が理解しやすかったのですが、個人的には、固定資産の交換や不動産(建物)法人化における鑑定評価の優位性は非常に説得力があったなと感じています。全ての税理士にお勧めします。

自分で考えるメルクマールに

xxxxxxxx 様

税理士法人大田原・眞崎事務所/神奈川県相模原市
眞崎 正剛 様

不動産における「時価」は毎回、所得税や相続税の処理で迷います。いただいたご著書含め、税理士として鑑定をお願いすべきかどうか?自分で考えるメルクマールになりました。

セミナー感想

メリット及びデメリットをよく理解して実務で応用させていきたい

xxxxxxxx 様

R.A 様

実務で度々論点になる、税理士として誰もが出くわす論点についての解説が豊富にあったのでとても良かったと思います。また、ほぼすべての場面に色々な裁判例が織り込まれていたことも先生の検討内容を裏付けるものになりより明確になりました。私も実務上鑑定評価を利用することも稀にありますが、よりその利用場面、利用すべき場面というものが明確になりました。固定資産税評価額の意味やそれを利用する場面、またそのメリット及びデメリットをよく理解して実務で応用させていきたいと思います。

講師プロフィール

井上 幹康(いのうえ みきやす)

井上幹康税理士不動産鑑定士事務所
税理士・不動産鑑定士

1985年(昭和60年)生まれ、群馬県沼田市出身。
早稲田大学理工学部応用科学科・同大学院卒、在学中に気象予報士試験合格。
平成22年 IT系上場企業入社、経理実務全般を経験。
平成24年 税理士法人トーマツ(現デロイトトーマツ税理士法人)高崎事務所に入社、
東証一部上場企業含む法人税務顧問、組織再編、IPO支援、M&Aの税務DD業務、セミナー講師、資産税実務を経験。
平成30年7月 税理士として独立開業(浦和支部所属)。
令和3年4月 不動産鑑定業開業(埼玉県知事登録)
自社株評価、不動産評価に強い事務所を目指し活動中。

DVDの詳細

商品名 ~税理士・不動産鑑定士が徹底解説!~
「税務における鑑定評価の使いどころ」
講師 井上 幹康(いのうえ みきやす)
仕様 ・DVD1枚
・DVD1枚+音声データ
・DVD1枚+動画サイトURL
・動画サイトURL+音声データ
※音声・動画の収録内容はDVDと同様のものとなっております。

収録日 2022年1月11日
収録時間 120分
販売価格 DVD・動画+MP3のみ 
一般 27,500円(税込)
会員 16,500円(税込)
DVD+MP3 
一般 33,000円(税込)
会員 22,000円(税込)
DVD+動画 
一般 33,000円(税込)
会員 22,000円(税込)

当サイトは、お客様からご提供いただいた個人情報を、より良い製品・サービスを開発するため、 お客様へ有用な情報をお届けするため、その他の正当な目的のためのみに使用致します。

お申し込み

■■■重要■■■ 会員価格でお申込みの方へ

会員とは「KACHIEL税務アカデミー」及び「KACHIEL税務アカデミープレミアム」の会員を示します。会員ではないお客様が申し込まれた場合、改めてお申し込み頂く場合がございますので、ご了承ください。
「KACHIEL税務アカデミー」のお申込みはこちらから。
「KACHIEL税務アカデミープレミアム」のお申込みはこちらから。

※ご注意※


こちらのDVDは、プレミアム会員2022年5月号特典となっております。対象月のプレミアム会員様のご注文は不要でございます。「対象月以外のプレミアム会員様」及び「KACHIEL税務アカデミー会員様」は会員価格でご注文頂けます。