• HOME
  •  › ブログ
  •  › お金の流れが見えない税務調査
2014.08.26

お金の流れが見えない税務調査

≪お金の流れが見えない税務調査≫

税務調査で調査官が見るポイントは2つあります。

1つは当然ながらP/Lを見て、所得計算の確からしさを見る。

そして2つ目は、P/Lが本来の所得からずれている場合、
そのずれたお金がどこにいったのか、
B/Sから見てお金のたまり具合をチェックします。

例えば、A社がB社へ現金で4,000万を渡しました。
当然ながらA社の帳簿上では4000万円の仕訳がなされているわけですが・・・

実際の税務調査で調査官が証拠書類を調べてみると
4000万円の領収書も請求書もないとします。

この場合、実際にはA社がBへこの4,000万円を渡していたとしても、
調査官はA社に対し4,000万円の支払いについて
疑いをかけることになります。

B社への受け渡しの証拠もなく・・・
さらにB社が4,000万円を受け取っていないと主張した場合がさらに大変。

4,000万円の経費性についてはさらに疑わしくなるばかり。

銀行で振込み処理をしていれば、
銀行調査などで証拠をたどることができますが、
現金で受渡しをしてしまった場合は、
本当にお金がどこに行ったかがわからないのです。

A社が「4,000万円はB社へ渡した。
だから会社には4,000万円は残っていなでしょ?」と主張したとしても。

調査官としては
「どうせA社の社長が、会社のお金を取ったんでしょ?」と疑い、
最終的には役員賞与として課税しようとしてきます。

調査官にとって、税務調査で一番大変なことは、
提出されているP/Lが偽物だとわかった場合です。
この場合にはB/Sを見るわけですが、
お金に色はついていませんので、その流れを追いかけるのがとても難しいのです。

このような事態を避けるためには
お金の行き先はきちんと説明できること、
つまり書類等で証拠を残しておくことが大切です。

また無用な現金払いはやめ、できるだけ証拠が残る形で
お金のやり取りをすることが望ましいと言えます。

 

※2009年6月当時の記事であり、
以後の税制改正等の内容は反映されませんので
ご注意ください。

また、ブログの内容等に関する質問は、
一切受け付けておりませんのでご留意ください。

この記事のトラックバックURL
https://kachiel.jp/blog/%e3%81%8a%e9%87%91%e3%81%ae%e6%b5%81%e3%82%8c%e3%81%8c%e8%a6%8b%e3%81%88%e3%81%aa%e3%81%84%e7%a8%8e%e5%8b%99%e8%aa%bf%e6%9f%bb/trackback/

毎週水曜日に配信する『税務調査対策のメールマガジン』では、最新の税務調査事情はもちろんのこと、調査官の心理、税務署のウラ側など元国税調査官だからこそ語れるマニアックなテーマまでをお届けします。
「こんなことまで話して本当に大丈夫ですか?」 と多くの反響を頂く税理士業界では話題のメルマガです。
お名前とメールアドレスを登録するだけで 毎週【 無料 】でメルマガを配信いたします。