• HOME
  •  › ブログ
  •  › 税務署の審理・事前照会制度
2016.02.09

税務署の審理・事前照会制度

今回は「税務署の審理・事前照会制度」です。

「この取引ってどう税務判断すればいいの?」
書籍等を調べてもわからない場合、税務署の
審理に質問に行くこともあるかと思います。

しかし・・・です。

・審理からの回答にどうしても納得できない
・審理からの回答通りに税務処理したが
 税務調査では逆のことを言われて否認された

このような事案があることもまた事実です。

ヒドいケースになると、「事前に税務署の審理に確認した」
と調査官に主張し、確認してもらったところ、
「相談に来た事績は残っているが回答事績が残っていないため、
その処理は認められません」と否認された事案を知っています。

このようなことを起こさないため、「事前照会制度」が
あるのかと考え、私が運営するメーリングリスト(習得会)で、
事前照会制度を利用状況に関して、参加する税理士450名に
質問してみました。

回答が2名からありましたが、ある事情により
最終的に事前照会制度を利用しなかった、とのこと。
つまり、450名の税理士が誰も
事前照会制度を利用したことがない、ということになります。

まず、事前照会制度とは、国税庁のサイトに概要が載っています。

「税務上の取扱いに関する事前照会に対する文書回答について」

https://www.nta.go.jp/shiraberu/sodan/jizenshokai/bunsho/gaiyo01/01.htm

言葉として似ているものに、移転価格における
「事前確認」がありますが、これとは違いますのでご注意を。

http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/jimu-unei/hojin/010601/05.htm

さて、事前照会制度を利用するうえで、いくつかの
ポイントがありますので、列挙しておきましょう。

・申告期限前の照会であること
→ 過去分は照会対象となりません

・仮定(○○したなら)は照会対象になりません

・金額の妥当性や評価については照会対象になりません

・照会内容・回答内容が公表されます
→ 私も勘違いしていましたが、事前照会者名は公表されません。
 あくまでも照会内容と回答が公表されるだけです。

・3ヶ月以内で処理されるのが原則
→ 申告期限前に照会したが、申告期限までに
 回答がなかった場合は、当初申告をいったん提出し、
 その後回答によって、修正申告もしくは更正の請求を
 する必要が生じることもあり得ます

事前照会制度を利用する価値があるところは、
文書による回答があることです。

税務署の審理では、文書による回答もありませんし、
最終的には「個別性を検討しないとわからない」
(一般論での回答)と言われることもあります。

事前照会の回答を文書で持っていて、それが税務調査で
否認されるということはないはずです。
事前照会の回答自体が公表されている以上、
それは公式な見解であることは間違いありませんので。

なお、事前照会については、事務運営指針が公表されています。

「事前照会に対する文書回答の事務処理手続等について (事務運営指針)」

https://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/jimu-unei/sonota/020628/01.htm

現在運用されている事前照会制度は平成23年4月から
若干の変更がありましたので、過去の制度しか知らない方は、
勘違いしている点があるかもしれません。

これを機に、制度の詳細まで把握しておいてください。

 

※ブログの内容等に関する質問は
一切受け付けておりませんのでご留意ください。

※2014年5月の当時の記事であり、
以後の税制改正等の内容は反映されませんのでご注意ください。

この記事のトラックバックURL
https://kachiel.jp/blog/jizensyoukai/trackback/

毎週水曜日に配信する『税務調査対策のメールマガジン』では、最新の税務調査事情はもちろんのこと、調査官の心理、税務署のウラ側など元国税調査官だからこそ語れるマニアックなテーマまでをお届けします。
「こんなことまで話して本当に大丈夫ですか?」 と多くの反響を頂く税理士業界では話題のメルマガです。
お名前とメールアドレスを登録するだけで 毎週【 無料 】でメルマガを配信いたします。