• HOME
  •  › ブログ
  •  › コンプラで税務調査が変わる!
2015.09.24

コンプラで税務調査が変わる!

「税務調査の負担軽減、優良企業は頻度少なく
国税庁、租税回避対策に力点」

http://www.nikkei.com/article/DGKDASDG2303N_W3A820C1MM0000/

※私は日経電子版の有料会員なので全文読めますが、
 読めない方は検索すれば他のサイトで読めるかもしれません

私は春の時点で、この情報を得ていました。
(それほど水面下で進められた協議ではないようです)

簡単に説明すると、こうです。

・国税職員の人数は確実に減り続けている

・税務調査を効率的に実施する必要性がある

・国税局が管轄する一部の大企業に今年7月から下記を適用

・チェック項目は下記の5つ

①トップマネジメントの関与・指導
②経理・監査部門の体制・機能の整備
③内部けん制の働く税務・会計処理手続きの整備
④税務に関する情報の社内への周知
⑤不適切な行為に対するペナルティーの適用
(細かい内容はあえて省略しています)

・こららの項目から企業をA~Dにランク付け

・調査をしてコンプラがしっかりしている
 (ランクが高い)企業には調査頻度を減らす

ざっくり言ってしまうと、社内で税務に対するコンプラ体制が
しっかりしている企業には、それほど税務調査をする必要は
ないだろうと、今後は判断するというわけです。

この記事内容は、あくまでも現時点では
大企業の一部にだけ適用されるものですが、
今後は中小企業にも適用される可能性があります。

なぜなら、今後しばらく調査官の人数は増える可能性は低く、
かつ、税務調査の手続きの厳格化にともない、
調査数が減っているため、さらに効率的に税務調査を
行わなければ実調率が低下するからです。

ただし、現時点の中小企業でもコンプラ体制の強化により、
調査に影響するポイントがあります。それは「重加算税」です。

法人の従業員が不正したことが、法人が行ったのと
同一視されれば、法人に重加算税が課されます。

この判定の1要素として、

「法人が監督上の注意義務を尽くしたか尽くしていないか」

がポイントになります。

つまり、従業員が不正しないように管理監督したうえで、
従業員が不正をした場合は、法人に重加算税を課すのは
不当(酷)と判断できるというわけです。

逆にいえば、法人が何も管理監督しない中で
従業員が不正をすれば、それは法人の不正とみなされ
重加算税を課されても仕方がないとも言えるわけです。

このあたりは、公開裁決事例でも多く判断されていますので、
参考にしてください。

公表裁決事例要旨 >> 国税通則法関係 >> 請求人以外の行為

http://www.kfs.go.jp/service/MP/01/0605040000.html

今後も含めると、社内のコンプラ体制を強化することで、
重加算税を回避する大きな要因(プラス材料)となり、
税務調査に入れにくくすることが可能となります。

税理士も今後は、税務コンプラを企業に提案することで
企業の価値を上げることができるのです。
今から取り組んでみても遅くはないでしょう。

 

※ブログの内容等に関する質問は
一切受け付けておりませんのでご留意ください。

2013年8月の当時の記事であり、
以後の税制改正等の内容は反映されませんのでご注意ください。

この記事のトラックバックURL
https://kachiel.jp/blog/%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%a9%e3%81%a7%e7%a8%8e%e5%8b%99%e8%aa%bf%e6%9f%bb%e3%81%8c%e5%a4%89%e3%82%8f%e3%82%8b%ef%bc%81/trackback/

毎週水曜日に配信する『税務調査対策のメールマガジン』では、最新の税務調査事情はもちろんのこと、調査官の心理、税務署のウラ側など元国税調査官だからこそ語れるマニアックなテーマまでをお届けします。
「こんなことまで話して本当に大丈夫ですか?」 と多くの反響を頂く税理士業界では話題のメルマガです。
お名前とメールアドレスを登録するだけで 毎週【 無料 】でメルマガを配信いたします。