• HOME
  •  › ブログ
  •  › 不服申立てができるのか?②
2015.08.05

不服申立てができるのか?②

前回のブログ「不服申立てができるのか?①」
から引続き、書きたいと思います。

すでに気付いた方もいるかと思いますが、

「不服申立ての対象等」
http://www.kfs.go.jp/system/object.html

「不服申立ての対象となる処分」の中に、
「更正の請求に対するその一部を認める更又は
更正をすべき理由がない旨の通知」と記載があります。

つまり、更正の請求をして、その全部または一部が
認められなかった場合にも不服申立てできる、
とされているのです。

普通に考えると、更正の請求が認められなかった場合、
何もされないので、処分ではないと思いがちですが・・・

この点、国税不服審判所のサイトには
このように記載されています。

http://www.kfs.go.jp/system/faq/10.html

「この場合、一部を認容する減額更正又は
更正すべき理由がない旨の通知は、いずれも「処分」
に含まれますので不服申立ての対象となります。」

ですから、勘違いされている方が多いのですが、
更正の請求も、申請のとおりに還付されない場合は、
不服申立てすることができるのです。

ただし、更正の申出は「申出のとおりに更正されない
場合であっても、不服申立てをすることはできません」

http://www.nta.go.jp/sonota/sonota/osirase/encho/

では、さらに・・・です。
新たに制定された通達を見てみましょう。

これは、先般制定された「留置き」について、
不服申立てできるのかを定めたものです。
(新設と改正があります)

「「不服審査基本通達(異議申立関係)の制定について」
の一部改正について(法令解釈通達)」

http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/igi/kaisei/130329/index.htm

この中で、改正点を一部抜粋しておきます。

http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/igi/kaisei/130329/pdf/01.pdf

国税に関する法律に基づく処分(基通75-1(5))〔新設〕
国税庁等の当該職員が留め置いた物件について、
当該物件の提出者から返還の求めがあった場合において、
当該職員がこれを拒否したときの当該拒否は、
当該物件の提出者の返還請求権に対する拒否処分であることから
「国税に関する法律に基づく処分」(通法75①)に
該当することを留意的に明らかにする。

留置きに関しては、新設された法律であって、
法律だけを読むと、あたかも税務署(調査官)が
強制的に帳簿書類等を持ち帰ることができる
かのように感じますが、実はそうではないのです。

いったん留置きされた帳簿書類等(物件)に対して
返還請求をして、返還されない場合には、
それだけで不服申立てをすることができます。

この事実を知らない調査官もいるかもしれません。
何せ2013年3月末に開示されたばかりの通達ですから。

調査官が長期間留置きする場合は、
返還請求をして、「返還しないのであれば
不服申立てしますよ!」と主張すべきです。

2013年春の税務調査は、改正されてすぐの調査時期。
税理士が知識武装して、法律・通達違反の
税務調査から身を守らなければなりません。

 

※ブログの内容等に関する質問は
一切受け付けておりませんのでご留意ください。

2013年4月の当時の記事であり、以後の税制改正等の内容は反映されませんのでご注意ください。

この記事のトラックバックURL
https://kachiel.jp/blog/%e4%b8%8d%e6%9c%8d%e7%94%b3%e7%ab%8b%e3%81%a6%e3%81%8c%e3%81%a7%e3%81%8d%e3%82%8b%e3%81%ae%e3%81%8b%ef%bc%9f%e2%91%a1/trackback/

毎週水曜日に配信する『税務調査対策のメールマガジン』では、最新の税務調査事情はもちろんのこと、調査官の心理、税務署のウラ側など元国税調査官だからこそ語れるマニアックなテーマまでをお届けします。
「こんなことまで話して本当に大丈夫ですか?」 と多くの反響を頂く税理士業界では話題のメルマガです。
お名前とメールアドレスを登録するだけで 毎週【 無料 】でメルマガを配信いたします。