2015.07.30

事前に期限を決める

税務調査の途中で
税務署が対応してくれなくなった・・・。

例えば、このような相談です。

「税務調査で数日立会いをして、その後、
ある程度の協議を調査官としましたが、
そこから一向に回答がありません。
どのように対応したらいいのでしょうか?」

当初のこのように、税務調査の中で
調査官の対応が遅くなる原因として、

①統括官の決裁を仰いでいる
②審理担当の検討を待っている
③重要審議会(副署長・署長)の決裁を仰いでいる
④反面調査等、裏で調査を進めている
⑤調査官の怠慢等

の5パターンが考えられます。

⑤は論外なのですが、実際の税務調査ではよくあります。
連絡がないので、しびれを切らして税務署に電話してみると、
「ああ、あれは申告是認で終わらせておきました」
などと言われるケースです。処理が終わってるなら
社会の常識として連絡しろよ、と思いますが・・・

①~④は調査官によってみれば
正当な理由と考えられます。
調査官もサラリーマンです。
自分の判断で税務調査を終わらせることはできません。

しかし、①に関しては実は時間がかかりません。
直属の上司である統括官なのですから、
すぐに良いか悪いかを判断できるはずです。

問題なのは、②~④。
特に、④はタチが悪い税務調査です。

まず、税務調査の対応方法として大事なのは、
調査官からの連絡などに期限を決めることです。

例えば、調査官から「否認指摘の項目に関して
税務署内で検討させて欲しい」と言われれば、
「では、1週間後の○○日までに
私(顧問税理士)宛に電話してくださいね」
と期限を決めておくことです。

期限さえ決めておけば、放置されたとしても
調査官が期限を守らなかったのですから
こちらから明確なクレームを出すことができます。

また、留置きの際に大事になるのですが、
資料等の返却期間を定めることです。

留置きは、法律・通達・事務運営指針などで
返却時期を明確に定めていません。

だからこそ、モメないためにも、
返却時期を事前に明確にすることです。

「資料は貸しますが、いったん2週間後までに
返却してもらうということでいいですか?
その後また延びそうであれば言ってください」

と言っておくのです。

税務調査がムダに長引くと、顧問先は
絶対に不満に感じるものです。

また法律的にも、税務調査はいつまでに
終わらなければならないという規定がないため、
長引いてもなかなか文句を言えないのも事実です。

だからこそ、事前に期限を取り決めしておき、
期限を守らなかったときに
「税務署(調査官)側が悪い」と
明確に主張できることが大切になるわけです。

「事前に」期限を決めることをぜひ実践してください。
これだけで税務調査が長引くことを予防することができます。

 

※ブログの内容等に関する質問は
一切受け付けておりませんのでご留意ください。

2013年4月の当時の記事であり、以後の税制改正等の内容は反映されませんのでご注意ください。

この記事のトラックバックURL
https://kachiel.jp/blog/%e4%ba%8b%e5%89%8d%e3%81%ab%e6%9c%9f%e9%99%90%e3%82%92%e6%b1%ba%e3%82%81%e3%82%8b/trackback/

毎週水曜日に配信する『税務調査対策のメールマガジン』では、最新の税務調査事情はもちろんのこと、調査官の心理、税務署のウラ側など元国税調査官だからこそ語れるマニアックなテーマまでをお届けします。
「こんなことまで話して本当に大丈夫ですか?」 と多くの反響を頂く税理士業界では話題のメルマガです。
お名前とメールアドレスを登録するだけで 毎週【 無料 】でメルマガを配信いたします。