• HOME
  •  › ブログ
  •  › 修正申告を出さないとどうなるのか?
2014.09.22

修正申告を出さないとどうなるのか?

日本の税制は申告納税制度です。
「納税者が自分で申告して、自分で納める」これが基本です。

もしも申告で不審な点が見つかった場合、潔白を証明するのは納税者ではなく、
「これはクロだ!」と証明するのは税務署側にあるのです。
つまり確固たる証拠がなければ、それはシロだということです。

例えばこれからの年末かけて、忘年会などの機会も増えていくでしょう。
交際費というのは、仕事とプライベートの線引が非常に難しいのです。

彼とは仕事の打ち合わせで飲んだ。
彼とは遊びでゴルフにいった。

こういった判定は、調査官でも完璧に証明することはできません。
いつか仕事につながる関係だってあるのです。

ですからきちんと主張はすべきです。

しかし、調査官も簡単には引き下がってくれませんので
あの手この手で、「その支出はプライベートだろ」と言って
課税する方向へもっていこうと躍起になります。

何かひとつでも隙を見せてしまったら、
「あれもクロ、これもクロ」と次々提示をしてきます。

中には劣勢につけこみ「一筆書いてもらいましょうか」
などと言ってくる調査官もいます。

これには絶対に従ってはいけません。

事が穏便に済ませてもらえると思ったら大きな間違いです。
これを盾に納税者に有無を言わせない税務署の巧妙な手口です。

ほとんどの場合は、調査官が確固たる立証ができず
劣性な場合に使ってくる常套手段です。

納得できない旨を税務署に伝え、修正申告は提出しない
という方法をとることもできます。

税務署側は「更正」を行ってきますが、この処分でも納得できなければ
国税不服審判所へ異議申し立てをすることができます。

この判断にも納得できなければ行政裁判ということになります。

ただし、追徴課税になった場合は、「更正」の段階で払わないと
14.6%という高い率の延滞税が取られてしまうので、
裁判は長引くだけ厳しい金額になってしまいます。
(国税は2ヵ月を過ぎた翌日から、地方税は1ヵ月過ぎた翌日から14.6%に)

もっとも件数のノルマに追われいる調査官は、
いつまでもひとつの調査に時間をかけていることもできません。

賢い調査官であれば、追徴課税を減額するなど条件を提示し
速やかに調査を終了することを選択するでしょう。

 

※2009年11月当時の記事であり、
以後の税制改正等の内容は反映されませんので
ご注意ください。

また、ブログの内容等に関する質問は、
一切受け付けておりませんのでご留意ください。

この記事のトラックバックURL
https://kachiel.jp/blog/%e4%bf%ae%e6%ad%a3%e7%94%b3%e5%91%8a%e3%82%92%e5%87%ba%e3%81%95%e3%81%aa%e3%81%84%e3%81%a8%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%aa%e3%82%8b%e3%81%ae%e3%81%8b%ef%bc%9f/trackback/

毎週水曜日に配信する『税務調査対策のメールマガジン』では、最新の税務調査事情はもちろんのこと、調査官の心理、税務署のウラ側など元国税調査官だからこそ語れるマニアックなテーマまでをお届けします。
「こんなことまで話して本当に大丈夫ですか?」 と多くの反響を頂く税理士業界では話題のメルマガです。
お名前とメールアドレスを登録するだけで 毎週【 無料 】でメルマガを配信いたします。