• HOME
  •  › ブログ
  •  › 個人への税務調査が増加傾向に
2014.11.18

個人への税務調査が増加傾向に

今回は、『実地調査と着眼調査』がテーマです。

皆さんは、『実調率』のお話を覚えていらっしゃいますか?
以前の記事では法人企業の『実調率』についてお話しましたね。

少しおさらいをしてみましょう。

『実調率』とは「税務調査の対象件数のうち実際に税務調査した対象の割合」です。
つまり、1年間で何%の法人や個人事業主に税務調査ができたかを示す指標で、国税がマクロ的に重視している数字です。

『実調率』は国税庁のホームページでも、過去からの推移を見ることができるのですが、最近は『実調率』の低下に歯止めをかけることが国税の使命となっています。

そんな中でも、個人に対する実調率の低下は異常な数字まで来ています。

個人に対する実調率とは「実地調査(着眼調査を除く)の件数を
税額のある申告を行った納税者数で除したもの」です。

ここ数年1%にも満たない数字になっています。

つまり単純に解釈すると、税額がある申告をしても
100年に1度も税務調査がないということになります。

しかし、ここで間違って解釈してはいけない2つの要素があります。

1つ目は、税額があるといっても個人事業者でなければ
実際の税務調査の対象にはならないこと、つまり
年金所得者で税額が発生している個人も対象に含まれています。

また、逆に税務調査の対象になる個人事業主であっても、
赤字申告している者はこの数字に含まれていないという問題です。

定義がしっかりしていないため、上記の定義では
個人事業主や不動産所得者など、本来税務調査すべき対象の
『実調率』が正しく出せているわけではありません。

またもう1つの問題は、平成16事務年度から導入された
着眼調査が増えたという事実です。

特に個人課税については着眼調査の比率が急増しています。
(上記の定義では着眼調査を除いています)

少し古い数字ですが、個人に対する実地調査について、
平成17年度41,998件に対して、平成19年度は30,493件と27.4%も減少しています。

一方で着眼調査は、平成17年度の7,609件に対して、
平成19年度は、8,362件と10%程度増加しています。

つまり個人に対しては、深度のある実地調査と、
半日程度で終わらせる着眼調査に分けることによって、
税務調査の件数自体を増加させる傾向にあるわけです。

着眼調査の件数を増やすことにより、小規模な消費税事業者を
しっかりカバーするとともに、今まで所得が多額な者にしか実施できていなかった税務調査を、中低階級の所得者にも広げていく狙いが見えます。

また実地調査については、所得が高額な者、
もしくは悪質な課税事績ある者が重点的に狙われます。

セミナーではいつも言っているのですが、過去に重加算税が賦課された課税事績があると、以降の税務調査の対象となりやすいのはこのためです。

ぜひ、気をつけてください。

 

※2010年7月当時の記事であり、
以後の税制改正等の内容は反映されませんので
ご注意ください。

また、ブログの内容等に関する質問は、
一切受け付けておりませんのでご留意ください。

この記事のトラックバックURL
https://kachiel.jp/blog/%e5%80%8b%e4%ba%ba%e3%81%b8%e3%81%ae%e7%a8%8e%e5%8b%99%e8%aa%bf%e6%9f%bb%e3%81%8c%e5%a2%97%e5%8a%a0%e5%82%be%e5%90%91%e3%81%ab/trackback/

毎週水曜日に配信する『税務調査対策のメールマガジン』では、最新の税務調査事情はもちろんのこと、調査官の心理、税務署のウラ側など元国税調査官だからこそ語れるマニアックなテーマまでをお届けします。
「こんなことまで話して本当に大丈夫ですか?」 と多くの反響を頂く税理士業界では話題のメルマガです。
お名前とメールアドレスを登録するだけで 毎週【 無料 】でメルマガを配信いたします。