• HOME
  •  › ブログ
  •  › 反面調査で実害を被ったら
2015.08.24

反面調査で実害を被ったら

春の税務調査シーズンも終盤を迎えました。
まだ終わっていない調査も、あと2週間もすれば
結了する事案がほとんどかと思います。

直近の調査は、税務調査の手続きに関する法改正が
始めた適用になったシーズンであり、
私としても手探りの部分があったことは確かです。

しかし、昨年から改正が「ほぼない」状態になっているのが
「反面調査」に関する規定です。

まず反面調査は、法律で認められた行為です。
国税通則法第74条の2等にはこのような規定があります。

「イに掲げる者に対し、金銭の支払若しくは物品の譲渡をする
義務があると認められる者又は金銭の支払若しくは
物品の譲渡を受ける権利があると認められる者」

これは法人税の質問検査権を規定したものですが、
他の税目でも同じような文言が規定されています。

さて一方で、法律を解釈した通達には
反面調査に関する記載がなく、規定されているのは
事務運営指針のたった一部分のみになります。

調査手続の実施に当たっての基本的な考え方等について(事務運営指針)
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/jimu-unei/sonota/120912/

3 調査時における手続
(6) 反面調査の実施
取引先等に対する反面調査の実施に当たっては、その必要性と
反面調査先への事前連絡の適否を十分検討する。
(注)反面調査の実施に当たっては、反面調査である旨を
  取引先等に明示した上で実施することに留意する。

まず反面調査で大事なことは、

①法律に規定されている以上、認められた行為であること

②法律では反面調査の要件は規定されていないこと

③ただし事務運営指針には規定があること

④「適否を十分検討」していないと考えられる場合は、
 事務運営指針違反を主張することができること

という考え方です。

ただし、事務運営指針の書き方も曖昧であるため、
実際に反面調査に行かれてしまったら
納税者に勝ち目がないと考えるべきです。
(実際に反面調査の不当性が納税者が勝った裁判は
今までに見たことがありません)

では、事務運営指針しか武器にならないのでしょうか?

ここで、「国家賠償法」という法律を知っておいてください。

第1条第1項
国又は公共団体の公権力の行使に当る公務員が、その職務を
行うについて、故意又は過失によつて違法に他人に損害を
加えたときは、国又は公共団体が、これを賠償する責に任ずる。

例えば、反面調査の結果として、

・取引先からの信用が失墜し取引を停止された
・顧客からの信用を失い将来的な売上が逸失した
・銀行からの融資が受けられなくなった

などの実害が生じた場合、国家賠償法のこの規定によって
賠償請求できる場合もあるのです。

税理士の職務は「もめ事が起こったら対応できること」
ではなく、「もめ事を起こさないこと」です。

反面調査に行かれそうになったら、国家賠償法を持ち出し、
「反面調査の結果、実害が生じたら賠償請求までしますからね」
と調査官に事前に釘を刺すことが重要なのです。

 

※ブログの内容等に関する質問は
一切受け付けておりませんのでご留意ください。

2013年6月の当時の記事であり、以後の税制改正等の内容は反映されませんのでご注意ください。

この記事のトラックバックURL
https://kachiel.jp/blog/%e5%8f%8d%e9%9d%a2%e8%aa%bf%e6%9f%bb%e3%81%a7%e5%ae%9f%e5%ae%b3%e3%82%92%e8%a2%ab%e3%81%a3%e3%81%9f%e3%82%89/trackback/

毎週水曜日に配信する『税務調査対策のメールマガジン』では、最新の税務調査事情はもちろんのこと、調査官の心理、税務署のウラ側など元国税調査官だからこそ語れるマニアックなテーマまでをお届けします。
「こんなことまで話して本当に大丈夫ですか?」 と多くの反響を頂く税理士業界では話題のメルマガです。
お名前とメールアドレスを登録するだけで 毎週【 無料 】でメルマガを配信いたします。