• HOME
  •  › ブログ
  •  › 嘆願書…提出しないと損をする!?
2014.12.02

嘆願書…提出しないと損をする!?

今回のテーマは、『嘆願とは?』です。

保険の『二重課税問題』が起こり、国税内部では保険会社との調整と、
それに伴う実務の準備に追われているようです。

おそらく職権による減額更正の作業で、準備を含めて
かなりのリソースがとられることでしょう。

さて更正の請求は、【 法定申告期限から1年以内 】と定められている以上1年を超えて当初申告から還付請求をしようと思うと、

実務上は「嘆願書」の提出をしなければなりません。

※「嘆願書」「更正の嘆願」など様々呼ばれていますが、
正式名称はありませんので「嘆願書」で統一して書きます。

実務では当然のように行われている「嘆願書」の提出ですが、
この法的性質を理解している方は少ないように思います。

まず嘆願書の法的性質は2つの分けて考える必要があります。

①税務署の職権による減額更正

国税通則法で定められている5年以内であれば、
税務署は職権による減額更正を「できる」
のであって、しなければならないわけではありません。

②「嘆願書」とは?

嘆願書とは、請願法に基づく「請願」を書面にしたものです。
つまりあくまでも「要望」「お願い」であって、
受理した税務署を法的に拘束するものではありません。

以上のように理論から考えると、嘆願書を提出しても
税務署が減額更正を必ずしてくれるとは限りません。
そもそも税務署に減額更正の”義務”はないのです。

しかし実務上は若干取扱いが違います。

税務署としては上記のように法的性質を理解したうえで、
嘆願書を更正の請求とほぼ同じ扱いにしています。

つまり嘆願書はあくまでも「お願い」ではありますが、
職権での減額更正が「できる」ことがわかった以上、
処理しなければならないと考えているのです。

当然ながら更正の請求と同じように、嘆願書も税務署内での審査が
行われますが(つまり本当に税額が減額になるかどうか)、
これは担当者が違うだけで、扱いとしては更正の請求とほぼ同じだ
と考えて間違いありません。

嘆願書も、税額が減額になる正当な理由とその資料が
きちんと揃っていれば、当然に職権更正をしてもらえます。

なお嘆願書の様式などを問う税理士がいますが、法的様式がない以上、
どんな書面で出しても税務署内での処理は同じです。

還付が受けやすい書面などは特別ありません。

 

※2010年9月当時の記事であり、
以後の税制改正等の内容は反映されませんので
ご注意ください。

また、ブログの内容等に関する質問は、
一切受け付けておりませんのでご留意ください。

この記事のトラックバックURL
https://kachiel.jp/blog/%e5%98%86%e9%a1%98%e6%9b%b8%e6%8f%90%e5%87%ba%e3%81%97%e3%81%aa%e3%81%84%e3%81%a8%e6%90%8d%e3%82%92%e3%81%99%e3%82%8b/trackback/

毎週水曜日に配信する『税務調査対策のメールマガジン』では、最新の税務調査事情はもちろんのこと、調査官の心理、税務署のウラ側など元国税調査官だからこそ語れるマニアックなテーマまでをお届けします。
「こんなことまで話して本当に大丈夫ですか?」 と多くの反響を頂く税理士業界では話題のメルマガです。
お名前とメールアドレスを登録するだけで 毎週【 無料 】でメルマガを配信いたします。