2015.05.13

嘱託の調査官

※2012年8月の当時の記事です。

事務年度が変わったばかりのこの時期の税務調査では、
1つだけ困ることがあります。
それは、調査官の職歴がわからないこと・・・

以前から私がすすめています「10年職歴」ですが、

http://www.zeikei-news.co.jp/goods_ten.html

10月上旬から発行なので、実際に手許に届くのは
早くても10月下旬くらいになります。
(2011年は弊社に届いたのが10月下旬でした)

ただ調べてみると、5年職歴のWeb版があるみたいで、
そちらならすぐに見れるようです。
http://www.zeikei-news.co.jp/goshoku.html

私はとりあえず「異動速報」があるので
現在はそちらで対応するようにしています。

さて、ここでおかしな経歴の調査官が出てきます。
10年職歴を見ると、ここ2~3年は調査官なのですが、
その前がずっと「統括官」や「特官」の職歴の方です。

中には、数年前は「税務署長」の職歴で、なぜか
現在は調査官という人までいるから驚きです。
(国税の中でもかなりの噂になっているようです。
上司である統括官があまりにかわいそうだと・・・)

この方々は何も、不祥事などを起こして降格したのではありません。
通称「嘱託(しょくたく)」と呼ばれる調査官なのです。

嘱託とは、国税を定年退職し、その後嘱託職員として
調査官になり税務調査を行う人をいいます。

嘱託の調査官は、週5日フル出勤しているわけではないので、
調査日以外で税務署に電話すると、不在のことが多いです。

嘱託の制度ですが斡旋や天下りがなくなり、
税理士として独立しても飯が食えないことから、
年金を満額受給できる65歳まで雇用を継続することで、
調査官の人数を確保しようというのが狙いのようです。

この嘱託の調査官が担当であれば、
かなりの確率で「当たり」です。良い意味で、です。

なぜなら、嘱託の調査官には「税務調査の件数ノルマ」も
なければ、「増差所得による評価」もありません。
(実際に件数だけはこなすと思いますが)
もう定年になった人です。評価などありません。

さらに、現場から相当期間離れている方々です。
自ら「税法に詳しくない」と漏らす人までいるようです。

評価もなければ、細かいことはわからない、
そして「大人」となれば、大事故にはなりにくいです。

嘱託の調査官かどうかわかるだけでも、
担当調査官の職歴を調べる価値があります。

 

※ブログの内容等に関する質問は
一切受け付けておりませんのでご留意ください。

2012年8月の当時の記事であり、以後の税制改正等の内容は反映されませんのでご注意ください。

この記事のトラックバックURL
https://kachiel.jp/blog/%e5%98%b1%e8%a8%97%e3%81%ae%e8%aa%bf%e6%9f%bb%e5%ae%98/trackback/

毎週水曜日に配信する『税務調査対策のメールマガジン』では、最新の税務調査事情はもちろんのこと、調査官の心理、税務署のウラ側など元国税調査官だからこそ語れるマニアックなテーマまでをお届けします。
「こんなことまで話して本当に大丈夫ですか?」 と多くの反響を頂く税理士業界では話題のメルマガです。
お名前とメールアドレスを登録するだけで 毎週【 無料 】でメルマガを配信いたします。