2015.05.19

威圧的な税務調査

※2012年9月の当時の記事です。

先日、衝撃的なニュースが流れました。
新聞記事でも取り上げられた裁決なので、
すでにご存じの方も多いかと思います。

この裁決事例は今後「川崎汽船事件」と呼ばれるのでしょうか。

「大阪国税局が威圧調査 不当性認め所得隠し指摘取り消し」
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK201209070058.html

「大阪国税が威圧調査 不服審「怒声、回答誘導」」
http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20120908-OYO1T00334.htm?from=main3

「国税職員が「威圧と誘導」 大阪局、不服審判所指摘」
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20120907/Kyodo_BR_MN2012090701001762.html

国税不服審判所で納税者が勝ち、
追徴税額の6億円が還付されたそうです。

この裁決事例は最新(2012年9月時点)すぎるため、まだ詳細まで公開されていませんが、
主旨としては「法令での争い」ではなく、「税務調査の手続き」です。

この記事を見て、私の正直な感想は、
「いまだにこんな税務調査が行われているのか!?」
という驚きと同時に、「まあ現場(調査官)のレベルも
こんなものか」という落胆もありました。

私のところには全国から税務調査の相談が来ますが、
春以降の相談だけでも2件、税務調査で脅し等を
かけられて対応に困っている事案がありました。

これらの事案は、怒声まではいかないものの、
実質的には「威圧と誘導」に違いありません。

私の中ではパターン化されているのですが、
「納得いかないので修正申告しません。
更正してください」と主張すると、
調査官は下記のいずれかの「威圧」をかけて、
修正申告に「誘導」しようとします。

①「税務調査が長引きますよ」

経営者が嫌がる典型的な言葉です。ただでさえ、
得することがない税務調査で、さらに時間が
とられると思うと、誰でも心が折れそうになります。

②「反面調査に行きますよ」

今までは反面調査に行かなかったのに・・・
反面調査をかけて取引先・銀行との信用・信頼関係を
失墜させることを威圧してきます。

③「修正より税額が増えますよ」

最終的に、「修正申告であればこの金額ですが、
更正となると全部チェックしなければならないので、
税額は増えます」と言いきってきます。

「威圧と誘導」に屈しないためには、
下記の項目を知っておかなければなりません。

・税務調査はあくまでも任意
 (納税者の協力と理解を得て行われるもの)
・質問検査権の範囲
 (もちろん脅しや威圧などは論外)
・更正と修正申告に税額等の違いなどない
 (行政手続法第32条第2項)

すでに知っている方も、過去のメルマガなどで
ぜひ復習しておいてください。

「そんな不当な税務調査なんてあるの?」
と疑っている税理士ほど、不当な税務調査の
正しい対応方法を知らないのもまた事実ですから。

 

※ブログの内容等に関する質問は
一切受け付けておりませんのでご留意ください。

2012年9月の当時の記事であり、以後の税制改正等の内容は反映されませんのでご注意ください。

この記事のトラックバックURL
https://kachiel.jp/blog/%e5%a8%81%e5%9c%a7%e7%9a%84%e3%81%aa%e7%a8%8e%e5%8b%99%e8%aa%bf%e6%9f%bb/trackback/

毎週水曜日に配信する『税務調査対策のメールマガジン』では、最新の税務調査事情はもちろんのこと、調査官の心理、税務署のウラ側など元国税調査官だからこそ語れるマニアックなテーマまでをお届けします。
「こんなことまで話して本当に大丈夫ですか?」 と多くの反響を頂く税理士業界では話題のメルマガです。
お名前とメールアドレスを登録するだけで 毎週【 無料 】でメルマガを配信いたします。