2015.02.24

書面添付の方向転換

今回のテーマは、『書面添付の方向転換』です。

前回の記事で書面添付について書いたところ、
反響が大きくて私自身かなり驚いています。

今回は書面添付に対する国税の考え方がここ数年で
大きく変わったことについて書かせていただきます。

以前は調査官にとって、書面添付など
意味のないことだと思っていたのが事実です。

「書面添付をして調査が省略になるなら、
全法人が書面添付をしてきたらどうなるんだ?」

「書面添付をしてくる法人は税務調査に入られたくない
ってことだから、あえて調査を実施してやれ!」

今でも、元国税調査官の方と話をすると、
このような反応がほとんどだといえます。

しかし2年前から国税職員が書面添付に対する
考え方が大きく変わってきています。

それは、国税のトップが書面添付を推進しなければならないため、
現場への通達を数多く出していることで、統括官・調査官の
書面添付に対する考え方・対応が変わってきているのです。

報道資料の中でも、最近公表された「国税庁レポート2011」
の29ページでも、書面添付の推進が明記されています。

※このレポートはそれ以外もすべて目を通した方がいいです

ここで最もインパクトのあるお達しが
平成21年6月に発表された事務運営指針です。

「法人課税部門における書面添付制度の運用に当たっての
基本的な考え方及び事務手続等について」
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/jimu-unei/hojin/090401/01.htm

「個人課税部門における書面添付制度の運用に当たっての
基本的な考え方及び事務手続等について」
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/jimu-unei/shotoku/shinkoku/090401/01.htm

「調査課における書面添付制度の運用に当たっての
基本的な考え方及び事務手続等について」
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/jimu-unei/hojin/090401-2/01.htm

この事務運営指針の中にも明記されているとおり、
日税連と「添付書面作成基準(指針)」を平成21年4月に
作成・公表されており、国税組織も書面添付に対する
考え方から事務手続きまですべて定めて公表したのです。

日税連の「添付書面作成基準(指針)」
http://www.nichizeiren.or.jp/taxaccount/pdf/tenpusyomensakuseikijyun090401.pdf

書面添付で調査省略にするには大きく2つのポイントがあります。

①書面添付の書き方

通常こちらのノウハウばかりに気をとられがちですが、
実は②も非常に重要です。

②税務署からの問い合わせに対する対応方法

これについては、上記の事務運営指針が守られていない場合、
こちらから指摘することで、対応姿勢が確実に変わり、
調査省略にもっていけるケースも増えるのです。

 

※2011年8月当時の記事であり、
以後の税制改正等の内容は反映されませんので
ご注意ください。

また、ブログの内容等に関する質問は、
一切受け付けておりませんのでご留意ください。

この記事のトラックバックURL
https://kachiel.jp/blog/%e6%9b%b8%e9%9d%a2%e6%b7%bb%e4%bb%98%e3%81%ae%e6%96%b9%e5%90%91%e8%bb%a2%e6%8f%9b/trackback/

毎週水曜日に配信する『税務調査対策のメールマガジン』では、最新の税務調査事情はもちろんのこと、調査官の心理、税務署のウラ側など元国税調査官だからこそ語れるマニアックなテーマまでをお届けします。
「こんなことまで話して本当に大丈夫ですか?」 と多くの反響を頂く税理士業界では話題のメルマガです。
お名前とメールアドレスを登録するだけで 毎週【 無料 】でメルマガを配信いたします。