• HOME
  •  › ブログ
  •  › 税務調査で粉飾だといつ言うか?
2014.11.20

税務調査で粉飾だといつ言うか?

今回のテーマは、『税務調査で粉飾だといつ言うか?』です。

最近、弊社では税理士の先生に向けた自主開催セミナーを
数多く開催させていただき、好評を博しています。

またセミナー後は、小規模ですができるだけ懇親会を
開催させていただくようにしています。

これは税理士の皆さんからの税務調査に対する質問を、
私が対面で受けてその場で問題解決したいからです。

以前から対面で数多く受ける質問がこれです。
「今度、税務調査に入る会社さん…実は粉飾している
のですが、調査官に言うべきでしょうか?」

さて結論ですが、「粉飾の事実は伝えるべき」です。
しかしタイミングは見計らってください。

調査官からすると、粉飾している会社に税務調査に
入るなんて無駄足です。

本当は2日間実施する調査も、1日で切り上げたいところ。

納税者・税理士からしても、税務調査を早く終わらせたいことから、
税務調査の開始時点で粉飾であることをバラす人がいます。

しかし調査に行って早々、「粉飾です」と
言われた調査官はどう思うか?

「この税理士、経理状況がゆるいな」と思うわけです。

つまりこの税理士は会社に言われれば、
納税金額が増えることも減ることもやるんだろうなぁと。

こう思われてしまうと、以後税理士として
目をつけられ関与先にまとめて税務調査に入られかねません。

ですから粉飾であることは、調査官が薄々気付き始めた
時に伝えるべきです。

時間的にはだいたい、初日の午後~夕方でしょうか。

なお粉飾していた会社に税務調査が入り、
現在キャッシュ状況が厳しいなどの理由で
職権による減額更正を調査官に依頼する会社・税理士が
いらっしゃいますが、これは止めた方が無難です。

確かに税務調査は申告された所得・納税金額について調査を実施し、
そこに間違いがあれば是正するためのものです。

つまり納税金額がプラス(追徴)になる場合のみならず、
本来はマイナス(還付)になる場合も是正するべきです。

それでも減額更正を調査官に依頼しないでもらいたい
2つの理由があります。

1つ目は、過年分の非違項目については、
更正の請求を出して還付を受けるか、
以後の申告において過年度損益修正とするべきです。

法的には、粉飾している場合には職権による
減額更正をしなくてもいいという規定があるのですから。
(法人税法第129条第2項)

また2つ目の理由ですが、調査官は納税金額をプラス(追徴)するために
仕事をしているというのが本音です。

税務調査に行って、まさか減額更正するなんてことになったら
税務署内で何を言われるか…

粉飾していても、調査官に伝えるタイミングだけは
間違えないようにしてください。

 

※2010年8月当時の記事であり、
以後の税制改正等の内容は反映されませんので
ご注意ください。

また、ブログの内容等に関する質問は、
一切受け付けておりませんのでご留意ください。

この記事のトラックバックURL
https://kachiel.jp/blog/%e7%a8%8e%e5%8b%99%e8%aa%bf%e6%9f%bb%e3%81%a7%e7%b2%89%e9%a3%be%e3%81%a0%e3%81%a8%e3%81%84%e3%81%a4%e8%a8%80%e3%81%86%e3%81%8b%ef%bc%9f/trackback/

毎週水曜日に配信する『税務調査対策のメールマガジン』では、最新の税務調査事情はもちろんのこと、調査官の心理、税務署のウラ側など元国税調査官だからこそ語れるマニアックなテーマまでをお届けします。
「こんなことまで話して本当に大丈夫ですか?」 と多くの反響を頂く税理士業界では話題のメルマガです。
お名前とメールアドレスを登録するだけで 毎週【 無料 】でメルマガを配信いたします。