• HOME
  •  › ブログ
  •  › 調査官が否認指摘するその根拠は何なのか?
2016.12.19

調査官が否認指摘するその根拠は何なのか?

※2016年5月配信当時の記事であり、
以後の税制改正等の内容は反映されませんのでご注意ください。

 

株式会社InspireConsultingの久保憂希也です。

私は(主にメールですが)、税務調査に関する相談を
年間に500件ほど受けています。

その多くの質問内容は、「○○と否認指摘されました。
どのように反論すればいいですか?」というものですが、
その中で調査官が「何を根拠に」その否認指摘をしたのかが
わからない(税務調査の中で聞いていない・確認していない)
ものがほとんどです。

否認指摘の根拠が明確になれば、それに反論するのは
それほど難しくないと私は考えています。

その一方で、否認根拠が明確でない限り、
反論方法を考えるというのは不可能とも考えています。

最近実際にあった、具体例な質問事例を取り上げてみます。

「社長の自宅から駅までの通勤費として利用したタクシー代
(旅費交通費で処理)60万円を、役員賞与として
否認指摘を受けたが、どのように反論したらいいでしょうか?」

この質問は、「なぜ役員賞与になるのか?」が
明記されていませんでしたが、実際に税務調査の中で
その根拠が明示されたかどうかは不明です。

おそらく、調査官の言い分を解釈するにこういうことでしょう。
(私の勝手な解釈です)

「社長が自宅から駅までタクシーを利用したのは、
本人が楽をしたいからであって、事業関連性がないから
経費ではなく、個人的支出と考えるべき」

もし、調査官が本当にこういう根拠として
否認指摘をしたのであれば、反論は簡単になります。
なぜなら自宅から駅までのタクシー利用について
「事業関連性」を主張すればいいだけだからです。

私は下記のように回答しました。

「休日を除き仕事をしているときは「自宅を出たときから」
業務範囲のはずです。だからこそ通勤費用は損金になるわけです。
それが、自宅⇔駅間を徒歩にしようが、バスを使おうが、
タクシーを使おうが、駅⇔自宅間の交通手段によって
損金になるかならないかは決まらないはずです。
その日は土砂降りで、カバンの中に仕事関連の重要な書類が
入っていました。いつもは徒歩だけど、その日はタクシーで・・・
と考えれば、当然に損金という話です。
それに頻度や金額は関係ないでしょう。こう考えると、
役員に対する経済的利益に該当せず、旅費交通費となります。」

上記実例のような否認指摘は、税理士であれば
「何となく」理解できる(できてしまう)ため、
調査官の言い分を「何となく」受け入れてしまう
ことが、実際は多くあるものと思います。

しかし・・・です。
この「何となく」を明確にしてみると、
調査官の主張・言い分がおかしい・間違っている
ことも、実際には多いわけです。

税務調査で否認指摘を受けたら、調査官に対して

「なぜそのように考えるのか、根拠と理由を教えてください」

と確認するのを癖にしてください。

こうするだけで、否認指摘の根拠が明確になり、
反論を考えるのがグッと楽になるはずです。

ぜひ、実践してください。

 

※ブログの内容等に関する質問は
一切受け付けておりませんのでご留意ください。

この記事のトラックバックURL
https://kachiel.jp/blog/%e8%aa%bf%e6%9f%bb%e5%ae%98%e3%81%8c%e5%90%a6%e8%aa%8d%e6%8c%87%e6%91%98%e3%81%99%e3%82%8b%e3%81%9d%e3%81%ae%e6%a0%b9%e6%8b%a0%e3%81%af%e4%bd%95%e3%81%aa%e3%81%ae%e3%81%8b%ef%bc%9f/trackback/

毎週水曜日に配信する『税務調査対策のメールマガジン』では、最新の税務調査事情はもちろんのこと、調査官の心理、税務署のウラ側など元国税調査官だからこそ語れるマニアックなテーマまでをお届けします。
「こんなことまで話して本当に大丈夫ですか?」 と多くの反響を頂く税理士業界では話題のメルマガです。
お名前とメールアドレスを登録するだけで 毎週【 無料 】でメルマガを配信いたします。