• HOME
  •  › ブログ
  •  › 調査官に理解してもらう申告書
2015.02.19

調査官に理解してもらう申告書

今回のテーマは、『調査官に理解してもらう申告書』です。

前回のブログでは、税務署がどのように
調査先を選定しているのかを書きました。

当然のことながら、システムだけで調査先の選定を
行っているわけではなく、統括官や調査官が
人間の目で見て最終的な判断・選定を行っています。

・売上が急激に伸びている会社、
・売上に比して所得が低調な会社
・退職金等、目をつけられやすい項目がある

税理士から見ても、「この会社は調査に入られるなあ」
と思う会社には特に、申告書の提出の際に特殊事情や詳細の
説明をきちんと書いて、合わせて提出すべきです。

調査官は申告書に、ただ数字しか見ていないと
どの会社も怪しく見えるものです。

きちんと事情の説明を書いてくれていたら、
「なるほど、こういう理由があるんだ」と
提出された書類を見ただけで納得できるものです。

売上に比して所得が低調な会社
→なぜ所得が低調なのか?
→営業マンを雇って売上は上がったが
 販管費がかさんで所得は低調のまま

退職金の支給がある
→退職の事由
→退職金の金額を算定した方法と根拠
(規定も合わせて添付した方がなお良いでしょう)

このような特殊事情の説明や詳細の開示は
どこに書けばいいのですか?とよく聞かれます。

一般的には、事業概況説明書の最後の欄
「当期の営業成績の概要」がありますが、
そこへの記載は最低限のレベルだと考えています。

特殊事情や詳細の説明は、別添でそれらを記載した紙を
添付した方がいいです。別添で紙を出すの?
と思われそうですが、申告書の提出には
合わせて出してはならない書面などないのです。
自由に記載して合わせて提出してください。
調査官は提出された資料をすべて見ているものです。

また、内訳明細書もできるだけ詳細に書くことです。
調査先の選定では、資料せんとの突合を絶対に行います。

雑収入に関連することなど、資料せんがあっても
明細を開示しておけば申告書上で突合できるので、
税務調査に行く必要がないと思ってもらえます。

結局のところ、提出する申告書が果たすべき役割は、
「調査官に理解してもらう」ことです。

調査官も事情や詳細などの情報が多ければ多いほど、
その会社に税務調査に入る理由がなくなりますし、
税務調査に入ったとしても、事前に事情を説明しているので
税務調査の実施期間も短くなります。

 

※2011年8月当時の記事であり、
以後の税制改正等の内容は反映されませんので
ご注意ください。

また、ブログの内容等に関する質問は、
一切受け付けておりませんのでご留意ください。

この記事のトラックバックURL
https://kachiel.jp/blog/%e8%aa%bf%e6%9f%bb%e5%ae%98%e3%81%ab%e7%90%86%e8%a7%a3%e3%81%97%e3%81%a6%e3%82%82%e3%82%89%e3%81%86%e7%94%b3%e5%91%8a%e6%9b%b8/trackback/

毎週水曜日に配信する『税務調査対策のメールマガジン』では、最新の税務調査事情はもちろんのこと、調査官の心理、税務署のウラ側など元国税調査官だからこそ語れるマニアックなテーマまでをお届けします。
「こんなことまで話して本当に大丈夫ですか?」 と多くの反響を頂く税理士業界では話題のメルマガです。
お名前とメールアドレスを登録するだけで 毎週【 無料 】でメルマガを配信いたします。