• HOME
  •  › ブログ
  •  › 調査官の依頼を正しく断る方法 -3-
2014.12.11

調査官の依頼を正しく断る方法 -3-

今回は『調査官の依頼を正しく断る方法 -3-』です。

さて、今回は「社長個人のものを見せてください」
と調査官に言われた場合の断り方です。

調査官は非違項目を見つけるのが仕事。

法人に対する税務調査とは言え、悪質な納税者は社長個人が悪いことをしている可能性が高いため、個人にまで税務調査の範囲を広げがちです。

最も調査官に依頼されるのが、
「社長個人の通帳を見せてください」でしょう。

調査官は経験から、社長個人が取引先からリベートを受け取っていたりする
可能性が高いと思っていますし、個人的な収入があれば認定賞与として
ダブル課税でき、さらに重加算税を課すこともできます。

これほど狙いたい否認項目はありません。

また、法人の税務調査にもかかわらず、
「社長の自宅を拝見したい」と言いだす調査官もいます。

これは会社のもの(例えば通帳など)が「会社にではなく自宅に保管している」
と答えた以外でも、例えば「社長宅の中を見て生活レベルを知りたい」
場合にも依頼されます。

他にも法人の税務調査といえど、社長(または役員)の個人に関して
「~を見せて欲しい」と言われることはあるでしょう。

さてこのような依頼の断り方は2つあります。

① 法人に対する税務調査はあくまでも法人に受忍義務があるもので、
社長(代表取締役)であろうと個人に対する調査に受忍義務はないこと。

※ 今行われている税務調査は何に対する調査ですか?
ときちんと聞いてみればいいでしょう。

② 法人課税部門の調査官は、一般的に法人税(や消費税・印紙税等)の
調査権限を持っていますが、個人所得税に関して調査権限は有して
いないので、そもそも個人に対する調査は行えないこと。
(全員の調査官がそうとは言い切れません)

※ これは税務調査開始の際に調査証を見て確認すべきですし、
忘れたとしてもいつでも調査官に確認できるものです

現場ではなし崩し的に税務調査が行われがちなので、トラブルを未然に
防ぐためにも、しっかりと断る力を身につけなければなりません。

 

※2010年11月当時の記事であり、
以後の税制改正等の内容は反映されませんので
ご注意ください。

また、ブログの内容等に関する質問は、
一切受け付けておりませんのでご留意ください。

この記事のトラックバックURL
https://kachiel.jp/blog/%e8%aa%bf%e6%9f%bb%e5%ae%98%e3%81%ae%e4%be%9d%e9%a0%bc%e3%82%92%e6%ad%a3%e3%81%97%e3%81%8f%e6%96%ad%e3%82%8b%e6%96%b9%e6%b3%95-3/trackback/

毎週水曜日に配信する『税務調査対策のメールマガジン』では、最新の税務調査事情はもちろんのこと、調査官の心理、税務署のウラ側など元国税調査官だからこそ語れるマニアックなテーマまでをお届けします。
「こんなことまで話して本当に大丈夫ですか?」 と多くの反響を頂く税理士業界では話題のメルマガです。
お名前とメールアドレスを登録するだけで 毎週【 無料 】でメルマガを配信いたします。