• HOME
  •  › ブログ
  •  › 過少申告加算税が課されない場合①
2015.02.02

過少申告加算税が課されない場合①

今回のテーマは、『過少申告加算税が課されない場合①』です。

先日ある税理士から過少申告加算税に関する質問を受けました。
重加算税に関しては、いつもメルマガでは取り上げていますが、
確かに過少申告加算税については書いたことがありませんでした。

今回と次回の2回にわたり、過少申告加算税が
「課されない要件」について書きたいと思います。

さて過少申告加算税が課されないケースは2つあります。

(1)更正を予知しないで修正申告をした場合
 (国税通則法第65条第5項)

(2)正当な理由がある場合
 (国税通則法第65条第4項)

今回は(1)について書いていきます。

「更正を予知しないで修正申告をした場合」に
過少申告加算税が課されないのは、
「自発的に修正申告を決意し、修正申告書を提出した者に対しては
例外的に加算税を賦課しないこととし、もって納税者の自発的な
修正申告書を歓迎し、これを奨励することを目的としたもの」
(東京地裁昭和56年7月16日)です。

では具体的に「予知してされたもの」とは
どのような行為が該当するのでしょうか?

「予知してされたもの」とは、納税者に対する当該国税に関する
「実地または呼出等の具体的調査がされた後」
にされた修正申告を指します。

※調査の範囲が「呼出」を含んでいる広い範囲であることに注意

「予知してされたもの」かどうかに関して有名な裁決があります。

「更正があるべきことを予知してなされた申告ではない
として過少申告加算税を取り消した事例」(昭和57年3月26日裁決)
http://www.kfs.go.jp/service/MP/01/0602030000.html

調査官が電話で調査日時の取決めをした後、修正申告書を提出し、
その2日後に税務調査があった場合は、
「更正があるべきことを予知して」された
修正申告ではないと判断された裁決です。
つまりこの場合、過少申告加算税は課されません。

「予知してされたもの」かどうかはかなり微妙な判断を伴いますが、
あくまでも原則は、税務職員(調査官+内部事務)が
申告に関する調査に着手して、その申告が不適切であることを
発見するに足りるか、あるいはその端緒となる資料を発見し、
これによりその後調査が進行し更正に至るであろうということが、
客観的に相当程度の確実性をもって認められる段階に達した後に
なされた修正申告は「予知してされたもの」なのです。
(東京高裁昭和61年6月23日)

ですから、申告書の内容に関して具体的に誤りを指摘
(調査でもなく電話の時点でも)され、
修正申告を促されれば過少申告加算税は免れにくいです。

しかし、申告書の内容に関して税務署から、
明確な誤りの指摘ではなく、ただの問い合わせ
(特に1部門などの内部事務部門)があり、
間違いに気付いて自ら修正申告を提出すれば
過少申告加算税は課されない可能性が高いのが現実です。

こんな場合でも、税理士自ら「加算税はあとで通知が来ますよね?」
などと言ってしまうので、税務署も本当課すつもりがなかった
過少申告加算税を賦課することが往々にしてあります。

自主修正なのか、税務署の具体的指摘による修正なのかに
よって過少申告加算税は変わるので注意してください。

 

※2011年5月当時の記事であり、
以後の税制改正等の内容は反映されませんので
ご注意ください。

また、ブログの内容等に関する質問は、
一切受け付けておりませんのでご留意ください。

この記事のトラックバックURL
https://kachiel.jp/blog/%e9%81%8e%e5%b0%91%e7%94%b3%e5%91%8a%e5%8a%a0%e7%ae%97%e7%a8%8e%e3%81%8c%e8%aa%b2%e3%81%95%e3%82%8c%e3%81%aa%e3%81%84%e5%a0%b4%e5%90%88%e2%91%a0/trackback/

毎週水曜日に配信する『税務調査対策のメールマガジン』では、最新の税務調査事情はもちろんのこと、調査官の心理、税務署のウラ側など元国税調査官だからこそ語れるマニアックなテーマまでをお届けします。
「こんなことまで話して本当に大丈夫ですか?」 と多くの反響を頂く税理士業界では話題のメルマガです。
お名前とメールアドレスを登録するだけで 毎週【 無料 】でメルマガを配信いたします。