• HOME
  •  › ブログ
  •  › 重加算税は二重に課される!?
2015.07.07

重加算税は二重に課される!?

引続き、重加算税についてお伝えします。

重加算税というのは法律では要件が
「隠ぺい又は仮装」とあるだけで、
細かい要件は事務運営指針で決められています。

事務運営指針一覧
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/jimu-unei/jimu.htm

法人税や所得税は当然ながら、すべての
重加算税に関する事務運営指針を読んでください、
と何度もブログで書いていますが、
なかなか詳細なところまで把握するのは難しいものです。

先日重加算税について、このような質問を受けました。

「税務調査の結果、売上の計上漏れが見つかりました。
これ自体は「漏れ」というより「抜いた」かもしれないため、
法人税が重加算税であることは納得しているのですが、
消費税にも重加算税が課されたことに納得できません。
これって重加算税の二重課税ではないでしょうか?」

はい、答えは「重加算税の二重課税になります」。

「消費税及び地方消費税の更正等及び加算税の取扱いについて(事務運営指針)」
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/jimu-unei/shozei/010329-2/01.htm

には、このような記述があります。

(所得税等に不正事実がある場合)
2 所得税又は法人税(以下「所得税等」という。)につき不正事実があり、
所得税等について重加算税を賦課する場合には、当該不正事実が影響する
消費税の不正事実に係る増差税額については重加算税を課する。

ですから、法人税や所得税の修正につれて
自然に動く消費税にも重加算税が課されます。
(事務運営指針の当・不当は問題にしていません)

しかし、別の税目になれば二重課税にならないこともあります。
このあたりが、事務運営指針を読み込む必要があるポイントです。

たとえば、社長が個人的費消を法人の損金に
していた場合を考えてみましょう。

これは

①損金不算入=法人税増加
②認定賞与=源泉税増加

のダブルパンチになるわけですが、
ではどちらにも重加算税が課されるかというと
実はそうではありません。

「源泉所得税の重加算税の取扱いについて(事務運営指針)」
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/jimu-unei/shotoku/gensen/000703-2/01.htm

(認定賞与等に対する重加算税の取扱い)
4 源泉所得税及び復興特別所得税が法定納期限までに
完納されなかったことが不正事実に基づいている限り、
重加算税の対象となる。ただし、法人税について
重加算税が賦課される場合において、法人税の所得金額の
計算上損金の額に算入されない役員又は使用人の賞与、
報酬、給与若しくは退職給与と認められるもの又は配当等
として支出したと認められるもの(以下「認定賞与等」という。)
の金額が当該重加算税の計算の基礎とされているときは、
原則として、当該基礎とされている認定賞与等の金額のうち、
当該重加算税の対象とされる所得の金額に達するまでの
認定賞与等の金額については、源泉所得税及び
復興特別所得税の重加算税の対象として取り扱わない。

と規定されています。つまり、源泉税については
重加算税の二重課税は排除されているのです。

この点、修正申告を提出するまでが仕事と思い、
(重)加算税の賦課通知書を見ないでおくと、
源泉税も二重で重加算税を課されているかもしれません。

税理士として修正申告書を提出して終わりではなく、
重加算税の計算まできちんとチェックしなければなりません。

 

※ブログの内容等に関する質問は
一切受け付けておりませんのでご留意ください。

2013年2月の当時の記事であり、以後の税制改正等の内容は反映されませんのでご注意ください。

この記事のトラックバックURL
https://kachiel.jp/blog/%e9%87%8d%e5%8a%a0%e7%ae%97%e7%a8%8e%e3%81%af%e4%ba%8c%e9%87%8d%e3%81%ab%e8%aa%b2%e3%81%95%e3%82%8c%e3%82%8b%ef%bc%81%ef%bc%9f/trackback/

毎週水曜日に配信する『税務調査対策のメールマガジン』では、最新の税務調査事情はもちろんのこと、調査官の心理、税務署のウラ側など元国税調査官だからこそ語れるマニアックなテーマまでをお届けします。
「こんなことまで話して本当に大丈夫ですか?」 と多くの反響を頂く税理士業界では話題のメルマガです。
お名前とメールアドレスを登録するだけで 毎週【 無料 】でメルマガを配信いたします。