• HOME
  •  › ブログ
  •  › 税務調査の対象から外れる年分の資料提示
2021.05.28

税務調査の対象から外れる年分の資料提示

※2019年8月配信当時の記事であり、
以後の税制改正等の内容は反映されませんのでご注意ください。

株式会社KACHIELの久保憂希也です。

税務調査の対象年分は、事前通知された年分
(通常は3年・3期)となることから、調査官から
対象年分ではない年分の資料等の提示を求められた場合、
「原則として」断ることができます。

一方で、この原則には例外が存在します。
大きく2つに分けて考えてみましょう。

○調査対象年分より過去分

まず、下記のFAQをご覧ください。

「税務調査手続に関するFAQ(一般納税者向け)」
https://www.nta.go.jp/information/other/data/h24/nozeikankyo/ippan02.htm#a09
問9
X年度の税務調査を行うという事前通知を受けましたが、
調査の過程でX年度よりずっと以前の帳簿書類等を
提示するよう求められました。これはX年度以外の
税務調査を行っていることになりませんか。
(回答)
例えば、X年度の減価償却費の計上額が正しいかどうかを
確認するため、その資産の取得価額を確認するために
取得年度の帳簿書類等を検査する必要があるといった場合
のように、調査担当者がX年度の申告内容を確認するために
必要があると判断したときには、X年度以外の帳簿書類等の
提示等をお願いすることがあります。
これはあくまでもX年度の調査であって、X年度以外の
調査を行っているわけではありません。

このように、調査対象年分より以前の資料等を
確認しなければ、調査対象年分の所得・税額を
確認できないような場合は、提示義務があります。

○進行年分・進行期

調査対象年分は直近で申告した年分も含まれますので、
それよりも後の年分となると、いわゆる
「進行年分・進行期」も調査対象になり得ます。

これについては、下記に過去メルマガを挙げておきます。

「進行年分の調査は認められるのか?」
http://kachiel.jp/blog/%E9%80%B2%E8%A1%8C%E5%B9%B4%E5%88%86%E3%81%AE%E8%AA%BF%E6%9F%BB%E3%81%AF%E8%AA%8D%E3%82%81%E3%82%89%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%8B%EF%BC%9F/

また、期ズレについては重加算税に該当しないと
下記の事務運営指針に定められていますので、
あえて進行期の処理・帳簿などを提示することが
重要になる局面もあります。

「法人税の重加算税の取扱いについて(事務運営指針)」
https://www.nta.go.jp/law/jimu-unei/hojin/100703_02/00.htm
第1 3
(1)売上げ等の収入の計上を繰り延べている場合に
おいて、その売上げ等の収入が翌事業年度
(その事業年度が連結事業年度に該当する場合には、
翌連結事業年度。(2)において同じ。)の収益に
計上されていることが確認されたとき。
(2)経費(原価に算入される費用を含む。)の
繰上計上をしている場合において、その経費が
その翌事業年度に支出されたことが確認されたとき。

直近の申告年分において期ズレを証明するためには、
進行期の収益計上・支出の事実を提示することで、
期ズレ=重加算税ではないことを主張できるわけです。

全体的な結論としては、【調査の対象年分における
所得・税額を確認するために必要なのであれば】、
対象年分から外れている年分の資料等も
提示しなければならない、ということです。

事前通知の調査対象年分に固執するあまりに、
誤った主張をしてしまうケースも多いように
思いますので、ぜひ注意してください。

※ブログの内容等に関する質問は
一切受け付けておりませんのでご留意ください。

この記事のトラックバックURL
https://kachiel.jp/blog/%e7%a8%8e%e5%8b%99%e8%aa%bf%e6%9f%bb%e3%81%ae%e5%af%be%e8%b1%a1%e3%81%8b%e3%82%89%e5%a4%96%e3%82%8c%e3%82%8b%e5%b9%b4%e5%88%86%e3%81%ae%e8%b3%87%e6%96%99%e6%8f%90%e7%a4%ba/trackback/

毎週水曜日に配信する『税務調査対策のメールマガジン』では、最新の税務調査事情はもちろんのこと、調査官の心理、税務署のウラ側など元国税調査官だからこそ語れるマニアックなテーマまでをお届けします。
「こんなことまで話して本当に大丈夫ですか?」 と多くの反響を頂く税理士業界では話題のメルマガです。
お名前とメールアドレスを登録するだけで 毎週【 無料 】でメルマガを配信いたします。